農畜産物の紹介|農畜産物の紹介

主な生産物の紹介

種類 銘柄 特徴
じゃがいも 男しゃく ホクホク感が強く、粉ふきいもや、マッシュポテトなどに適しており、関西方面に出荷しています。
メークイン 煮くずれがしにくいので、肉じゃがなどの煮込み料理に適しており、男しゃくと同様に関西方面に出荷しています。
ワセシロ 8月上旬から収穫する品種で、主にポテトチップの原料として使われています。
トヨシロ ワセシロと同様に主にポテトチップの原料となりますが、長期の貯蔵が可能な品種です。
コナフブキ でん粉専用のじゃがいもで、JAさつないでは主流の品種です。
てん菜   ビートととも呼ばれ、日本甜菜製糖に出荷し、砂糖の原料として使われています。
小麦 きたほなみ JAさつないで栽培される品種で、収量が多く高品質な品種です。製麺適性に優れています。
小豆(あずき) 十勝を代表する作物の一つで、昔は「赤いダイヤ」とも呼ばれていました。十勝産小豆は特に風味が豊かで、和菓子業界では十勝産の小豆を指定する店もあります。
金時 煮豆や甘納豆、菓子用の餡などに使われます。
手亡 白色の小粒豆で、和菓子では白餡で使われます。
長いも   肌が白く、粘りと甘さがあり、主に関西方面に「十勝中央青果団地」ブランドで出荷されています。
ごぼう   やわらかく、香りが良いのが特徴で、関西、中京方面に「十勝中央青果団地」ブランドで出荷されています。
長ねぎ 春ねぎ 越冬するため非常にやわらかく、香りが強いのが特徴で、道内市場に出荷され、市内のスーパー等でも販売されています。平成24年「あぐり王国北海道」で紹介されました。
夏~秋ねぎ 白根の部分が長く、札内産独特のやわらかく、きめの細かいのが特徴で冬は鍋料理に最高です。(21年度より札内長ねぎ生産組合を発足し、均一で安定した長ねぎの出荷体制作りに力を入れています。)
大根 夏大根 青首で肌が白く形状が良いのが特徴で、7~10月中旬まで生産され関西、九州方面に「十勝中央青果団地」ブランドで出荷されています。
秋大根 白人(ちろっと)大根と呼ばれ、肌がきめ細かく、漬物に適した大根で、帯広市場に出荷され、市内のスーパー等で販売されています。
かぼちゃ 味平 JAさつないで多く生産されており、甘味があり粉質が高く、風味が良いのが特徴です。
雪化粧 皮が硬く、肉厚で粘質が非常に高く、でんぷん質が多く含まれ、ホクホクした食感です。
味皇 果肉は色濃く、強粉質で甘みも強く大変美味しい南瓜です。
生乳   地元で生産された牧草やデントコーンを十分食べた牛から搾られた美味しい牛乳です。明治乳業十勝工場に出荷され、主にチーズや生クリームに加工されています。
肉牛   JAさつないでは組合員22戸の方々が、繁殖牛約570頭を飼養し、ホクレン家畜市場に出荷販売しています。
  組合員1戸が繁殖馬を飼養しており、ホクレン家畜市場に出荷販売しています。

26年度 農畜産物取扱高

農畜産物取扱高

オススメレシピ

旬の野菜をより美味しくいただける、厳選レシピを紹介します。

詳細

JAバンク

地域の皆様のための身近で
便利で安心な金融機関です。

詳細

JA共済

最良の保障・価格・サービスによる「ひと・いえ・くるまの総合保障」

詳細

TPPのこと じゃがい問題研究所 とかちの住まい「検索」サイト Made in 十勝